鉄道、トラックなど貨物輸送の振動・動揺再現試験

試験・分析.com
HOME > 貨物輸送振動再現試験

鉄道・トレーラー・トラックなどでの輸送中に貨物が遭遇する振動や動揺を再現して試験をすることにより、輸送貨物の最適な積付方法の検討やダメージの原因究明に貢献します。

液状の危険物を収納する「IBC容器」の振動試験

平成23年(2011年)1月1日以降に製造、修理または改造される液状の危険物を収納するIBC容器に適用される試験基準に新たに加わった規格を満たす振動試験も実施できます。

なお、このIBC容器の振動試験は、平成22年8月末に、財団法人 日本舶用品検定協会(HK)からもご確認いただいております。
HK検査員が、いかなる内容の漏れや、供試品に破裂がないこと、溶接部の破損、締結装置の破損など構成部品の損傷又は破裂がないことを確認します。

パンフレットはこちら

保有する実輸送振動波(貨物振動再現試験用)

  • 鉄道輸送の振動波:北米内陸横断鉄道ダブルスタックトレインの振動
  • トレーラ輸送の振動波:首都高速走行中のトレーラの振動

パンフレット

液状の危険物を収納する「IBC容器」の振動試験、輸送機器振動試験に使用する大型三次元振動台「MCS(Multi Cargo Simulator)」のパンフレットがダウンロードできます。

パンフレットはこちら

貨物振動再現試験の試験のお問い合わせ

貨物振動再現試験については、試験内容により、試験費用は個別のお見積となります。 詳細は弊社までお問い合わせください。

お問い合わせこちらから
▲ページの上部へ