廃溶剤・廃油リサイクル企業特集

製造の現場で洗浄や脱脂で溶剤の使用は必須。昨今の溶剤価格の高騰、使用量の増加、廃棄する金額のコスト上昇などの課題があると思います。このページでは、廃溶剤や廃油をリサイクルする装置や、回収・処理で、溶剤購入、溶剤処理等のコストダウン+環境改善の両面で貢献する企業を紹介します。

What's new 新着情報

Demos and sample tests デモ機貸出、回収テスト可能な企業

List of organic solvents used for cleaning and degreasing
洗浄・脱脂で使われる有機溶剤一覧

■炭化水素系溶剤系
ベンゼン(ベンゾール)、トルエン(メチルベンゼン)、キシレン(混合キシレン) 、スチレンモノマー(ビニルトルエン)、ノルマルヘキサン(ノルヘキ)、イソヘキサン(イソヘキサン)、シクロヘキサン(ヘキサメチレン)、メチルシクロヘキサン(MCH)、エチルシクロヘキサン(ECH)、ノルマルヘプタン(n-ヘプタン)、揮発油(ソルベントガソリン、ホワイトガソリン)、ミネナルスピリット(ミネラルターベン、ペガソールAN45、3040)、C9芳香族炭化水素混合物(ソルベッソ100、T-SOL100)、C10芳香族炭化水素混合物(ソルベッソ150、T-SOL150)、芳香族水添炭化水素混合物(Nappar、スワクリーン)、低臭系溶剤(ナフテン系エクソール)、無臭系溶剤(イソパラフィン系アイソパー、ノルパラフィン系ノルパー)、リニアアルキルベンゼン(直鎖型アルキルベンゼン)
■アルコール系溶剤
メチルアルコール(メタノール)、エチルアルコール(エタノール)、変性エタノール(ダイコール)、イソプロピルアルコール(IPA) 、ノルマルプロピル アルコール (NPA)、イソブチルアルコール(イソアミルアルコール)、ノルマルブチルアルコール(ブタノール)、高級アルコール(エクサール)、ベンジルアルコール(フェニルメタノール)
■ケトン系溶剤
アセトン(プロパノン)、メチルエチルケトン(MEK) 、メチルイソブチルケトン(MIBK) 、ジイソブチルケトン(DIBK) 、シクロヘキサノン(アノン)、ダイアセトンアルコール(DAA)

Question & Answer よくあるご質問

一般

廃溶剤とは何ですか?
廃溶剤とは、工場や事業場などで使用された後の溶剤のことを指します。具体的には、有機溶剤、無機溶剤、水系溶剤などが含まれます。
廃溶剤リサイクルとは何ですか?
廃溶剤リサイクルは、使用済みの溶剤をリサイクルし、再利用するプロセスです。
廃溶剤リサイクルのメリットは何ですか?
廃溶剤リサイクルには多くのメリットがあります。主なものには、環境への負荷の削減、資源の節約、廃棄物処理コストの削減、そして再利用可能な溶剤の入手が挙げられます。

事前検討(デモ、テスト、経費)

廃溶剤リサイクル装置の導入による投資回収期間はどの程度ですか?
処理する廃溶剤の種類や、処理量、設備などにより大きく異なります。廃溶剤の種類と量に合わせた機種選択を行うと、1年以内に投資回収が可能な場合もあります。
購入前に装置の性能テストはできますか?
装置を販売されている企業では、廃溶剤を送って再生テストが可能な企業、あるいはデモ機貸出を行っている企業があります。回収をされている企業でも事前のテストを行っている企業がございます。詳細は、「対応する企業の一覧」より「デモ機」「回収テスト可能」とタグ付けされている企業にお問い合わせください。
どのくらい経費節減できますか?
各企業のページに具体的な経費節減について説明があるので、そちらをご覧ください。
廃溶剤リサイクル装置の買い替えを検討する際に、確認すべき部分は?
従来の製品を使用して感じていた不便さ(例:処理できる溶剤の量が少ない、自動化できないなど)を解消できるかが大切です。また、従来製品の便利な機能が買い換え先の製品にもあるか、確認が必要です。

回収・再生について

液体状の廃溶剤を再生する場合、どのような技術が使用されますか?
液体状の廃溶剤を再生するためには、主に蒸留や膜分離などの技術が使用されます。蒸留は、廃溶剤を加熱して液体を蒸発させ、その後再凝縮して再生溶剤を得る方法です。一方、膜分離は、溶剤と不純物を分離するために薄膜のセパレータを使用し、溶剤を再生する方法です。
廃溶剤リサイクルプロセスにおいて、何が再生溶剤の品質を左右しますか?
初期の廃溶剤の品質、再生プロセスの効率性、不純物の除去効率、再生後の精製処理などがあります。

装置全般(減価償却期間、安全性など)

廃溶剤のリサイクル装置はどのように動作しますか?
廃溶剤を回収し、分離、浄化、再生するための複数の工程から構成されています。具体的なプロセスは装置の種類によって異なりますが、蒸留、吸着、分離、精製などの技術が一般的に使用されます。
廃溶剤リサイクル装置の寿命はどの程度ですか?
廃溶剤リサイクル装置の寿命は、様々な要因によって異なりますが、通常は10年から20年程度と見積もられます。装置の製造材料の品質、設計の堅牢性、適切なメンテナンスや保守の実施によって、寿命を延ばすことが可能です。
廃溶剤リサイクル装置は、操作が難しいのでしょうか?
従来はアナログな操作で、操作が難しい場合がありました。しかし、現在はタッチパネル式で簡単に操作できるモデルもあります。
廃溶剤リサイクル装置の自動化機能は、どのような利点がありますか?
自動化機能を備えた廃溶剤リサイクル装置は、運用の効率化や人的ミスの軽減に貢献します。自動化によって、装置の稼働状況の監視や制御がリアルタイムで行われ、運用コストの削減や生産性の向上が期待できます。
廃溶剤リサイクルの安全性は?
作業者の教育や適切な設備の導入、監視などを行うことで、安全に廃溶剤リサイクルが行えます。

廃溶剤リサイクルに関する企業様の参加を募集しています。
お気軽にお声がけください。

参加企業募集中