評価・試験

腐食・防食評価

塩化物イオン反応による大気暴露環境促進試験での、表面処理方法の選定試験、腐食環境中での材料比較評価試験が対応可能です。

腐食/防食評価・解析

  • 腐食・防食全分野
  • 各種金属材料の耐食性評価
  • 高温材料の変形挙動評価

▼分析機器

  • 全自動分極測定装置
  • クリープ試験、疲労試験装置など

>> 機器一覧はこちら

材料評価

コンサルタント

  • 溶接技術及び防食技術全般等

材料・調査評価

各種材料の組織観察や析出物の形態分布、介在物の種類分布を調査することにより、材料の性状を評価し、組織や熱履歴の良否、欠陥の有無を評価します。

材料評価及び解析

  • 各種プラント機器部材及び構造部材の破損事故調査・解析
  • 予寿命診断
  • 金属材料の微小部領域観察・分析及び皮膜解析

走査型電子顕微鏡(SEM)による各種構造材、電子部品、半導体機器材料の解析/評価/観察を行います。
また、高分解能/低真空モード/大口径試料の観察などニーズに合わせた各種装置を揃えております。

▼分析機器

  • 光学顕微鏡
  • 硬さ試験装置
  • デジタル走査型電子顕微鏡(S-4800、S-3500N 他)
  • 透過型電子顕微鏡
  • オージェ電子分光分析装置など
  • 卓上顕微鏡(Miniscope TM-1000)
  • 走査型電子顕微鏡(SEM)

>> 機器一覧はこちら

走査型電子顕微鏡(SEM)

▲HITACHI S-3700N
走査型電子顕微鏡(SEM)

 

摩擦・摩耗評価

各種条件、雰囲気のもとで摩耗試験を行い、摩擦力、荷重、サンプル温度、摩擦量などを計測し、サンプルの摩擦特性を評価します。

耐摩耗性評価

  • ピンオンディスクによる耐摩耗性評価
  • 往復摺動摩耗による樹脂材の評価
  • ころがり摩耗試験による歯車材の選定
  • フレッチング摩耗試験の摩耗評価
  • ファレックス摩耗試験
  • 高周速摩耗試験機
  • 軸受け摩耗試験機
  • 歯車摩耗試験機

構造・強度評価

豊富な経験と知識で最新の機器を駆使した解析技術により、信頼性評価及び低コスト化に威力を発揮する解析評価を提供いたします。

応力解析及び熱伝導解析

解析評価
  • 原子力機器の安全性解析
  • 水車ケーシングの応力解析
  • 半導体はんだ接合部の温度分布解析
  • 自動車ブレーキ摩擦板の熱応力解析
  • き裂進展評価用破壊力学パラメータの解析
 

疲労強度評価

  • 金属材料のき裂進展速度データの取得
  • ガスタービン材の高温疲労強度評価
  • 破壊靭性パラメータの評価
  • 構造体の耐久性評価試験
  • 低温、高温機器(-60〜1000℃まで)の疲労試験

振動試験

  • 鉄道、車両電装部品の信頼性確認振動試験
  • 自動車部品の振動耐久性評価
  • 各振動モードにおける締結部の緩み、疲労損傷確認試験

鋳造解析

  • 適正な湯口形状評価解析
  • 引け巣発生領域の予測解析

応力測定

▼現地応力測定

  • 応力、振動、圧力などを現地で測定評価します
  • 現地溶接補修部のX線残留応力測定

▼残留応力測定

  • ひずみゲージ法による残留応力測定
  • X線応力測定法による残留応力測定
X線応力測定法による残留応力測定(ワッシャ上亜鉛めっき)X線応力測定法による残留応力測定

X線応力測定法による残留応力測定

 

シミュレーション

大気拡散シミュレーションシステム 「かくさんすけっと」

「大気汚染物質」や「有害化学物質」、「揮発性有機化合物(VOC)」、「臭気」、「降下ばいじん」など、環境破壊や健康被害が生じる可能性のある物質の環境中への放出とその影響に対して、環境省、厚生労働省、国土交通省、経済産業省などのマニュアルに準拠した、大気環境アセスメント『大気拡散シミュレーションシステム』サービスを提供します。

地図上で入力したデータをもとに各種環境アセスメント関連マニュアルに準拠したシミュレーションを実行し、計算結果を地図上に表示しますので、環境アセスメントのシミュレーションを容易に実施できるようになります。

▼機能

  • 長期平均濃度計算機能
  • 短期平均濃度計算機能
  • 臭気指数拡散計算機能
  • 自動車排ガス拡散計算機能(環境省JEAモデル)
  • 自動車排ガス拡散計算機能(国土交通省モデル)
  • 道路建設時の降下ばいじん計算機能
  • 詳細数値計算機能
  • 地図情報機能
機能

平面等濃度線図

防音エンジニアリング

騒音源となる各種設備や機器などの各種計測を行い、 騒音シミュレーションによる影響度分析を行うことによって、低コストで低減効果が大きい 対策案を提案します。

・機器回りおよび敷地境界線での騒音調査
機器回りおよび敷地境界線での騒音調査

敷地境界での現状分析データ収集や指定の機器周りの騒音調査を、シュミレーション専門の技術者が行います。

環境改善

・騒音予測シミュレーション・影響度分析
騒音予測シミュレーション・影響度分析

苦情の原因究明・音源探査・騒音影響評価(シミュレーション)のためのデータ収集・敷地境界での現況データ収集としての騒音調査を行います。

住民苦情

・対策案検討・対策効果確認予測シミュレーション
対策案検討・対策効果確認予測シミュレーション

日立オリジナルの解析ソフトで、騒音の影響評価結果から影響度分析を行い、音源の特定・低減目標値の算定や、算定された低減量から騒音対策案を検討します。

騒音低減

お問い合わせ

高度な技術と豊富な経験でお客様のご要望に専門スタッフがお応えします。
ご質問・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせはこちら

製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
© Cybernavi Inc. All Rights Reserved.