世界で活躍する信頼のドライアイス洗浄機(ドライアイスブラスト) GREEN TECH JAPAN ドイツDry Ice Systems社 アジア地区総輸入元  ドライアイス洗浄機販売 ドライアイス洗浄サービス

プロが選ぶドライアイスブラスト洗浄機の決定版!

ドライアイス洗浄機(ドライアイスブラスト)「ドライアイスのパワー」使用風景 8年間で3000社の実績!ドライアイス洗浄機(ドライアイスブラスト)全国無料出張デモ受付中

新着情報

■ 「ドライアイスパワー」を使った洗浄の一例
ドライアイスブラスト洗浄前 → ドライアイスブラスト洗浄後

ドライアイス洗浄機(ドライアイスブラスト)
洗浄のメリット

◆ドライアイスの性質を利用した高い剥離能力

-78.9℃の瞬間冷却によるサーマルショック効果とドライアイス昇華時の体積膨張効果(熱を帯びたワークなら更に効果的)

◆ワークに傷をつけにくい

ドライアイスは柔らかい物質のため研磨力が低く、金属なら傷をつけない

◆ブラスト材が残らないため、後処理の時間短縮やコスト削減に有効

ドライアイスは液体にならず直接固体から気体へと昇華

◆手や機具が届きにくい箇所も洗浄可能

圧縮空気がドライアイスを奥まで送り込んでかき出し剥離

◆洗浄用途が広い

精密なナノレベルの洗浄ならドライアイスパウダー洗浄、大型設備の頑固な洗浄ならドライアイスペレット洗浄

◆環境に優しいこれからのECO洗浄

ドライアイスは工業生産の副産物である二酸化炭素を有効利用して作られたもの

ドライアイス洗浄機(ドライアイスブラスト)
「ドライアイスパワー」洗浄事例

自動車製造業
・プラスチック金型のガス・プレス金型の鉄粉や油
・塗装ブースや治具の塗料・溶接スパッタ・切削油
プラスチック製品製造業
・射出・押出成型機のスクリューのプラスチックやパージ剤・金型の樹脂やガス
・離型剤・精密製品のバリ取り
ゴム製品製造業
・金型のゴム残留物や離型剤
出版・印刷業
・印刷機械のインク
化学工業
・タンクや攪拌機内の原材料・コークス・熱硬化した粉体
鋳物鍛造製造業
・ダイカスト設備の油・金型のメンテ
電気製品製造業
・タンク内原材料・脱臭装置のシリカ・鉛フリーはんだ用フラックス
・熱交換機の各種固着物・真空蒸着機内のコーティング材
・クリーンルーム内の各種洗浄
不織布・フィルター製造業
・製造装置の不織布・接着剤・シリコン・油
半導体・半導体装置製造業
・リフロー装置やハンダマスクパレットのフラックス
・コンタクトプローブピンの半田
・装置のコンタミ

ドライアイス(ドライアイスブラスト)洗浄
剥離原理

洗浄の剥離の原理

ドライアイス(ドライアイスブラスト)洗浄前

洗浄対象物にドライアイス洗浄。

ドライアイス(ドライアイスブラスト)洗浄中

①付着物に-79℃のドライアイスを噴射することにより、表面温度が急激に低下し、熱収縮によって付着物が脆くなります。

②付着物の隙間にドライアイスが入り込み、750倍の体積膨張が発生します。

ドライアイス(ドライアイスブラスト)洗浄後

③ドライアイスは気体へと昇華します。

④付着物のみが残ります。

ドライアイス洗浄は、ブラストガンのノズルから発射される粒状(3o)のドライアイスを圧縮空気により洗浄対象物に噴きつけ、ドライアイスの剥離の原理を利用し、圧倒的な洗浄力で汚れを瞬時に落とすことができます。ドライアイスは気化し、ブラスト材が残らないので後処理の時間短縮、コスト削減ができ 生産効率がアップします。さらにドライアイスの気化と空気圧力により汚れを除去するため、洗浄物本体に傷を与えないメリットがあります。
ドライアイスペレット 写真
ドライアイスペレット
ドライアイスパウダー 写真
ドライアイスパウダー
ドライアイスペレット・・・
厚みのある汚れの洗浄をする際に適してます。
使用例:
母材が鋼材・アルミ・ステンレス等に付着した厚みのある付着物全般
■ドライアイス(3mmペレットタイプ)について
ドライアイスは、一般的に流通しているもので、保冷剤としてよく使用されております。
全国どこへでも宅急便や製造元の配達によってお手元に届くシステムです。
ドライアイスは、一般的に15kg〜20kgの発砲スチロール箱に入って届く場合や大きいもので200kgや300kgの樹脂製の専用通箱で届くようになっております。
※お近くのドライアイス製造メーカー(工場)をご紹介させていただきます。
ドライアイスパウダー・・・
キズを付けてはいけない母材の洗浄に適しています。
使用例:
各種金型・樹脂のバリ取り・電器設備・分電盤・粉体など薄い付着物全般

ドライアイス洗浄が環境に良いとされる理由

◆ドライアイス(CO2)について

洗浄の材料として使用されるドライアイスペレットは、石油化学・精製プラントの製造過程で排出される副生ガスを回収し、ドライアイスを精製・加工されたリユース製品です。

◆ドライアイス(CO2)を使用することによって

通常洗浄といえば、水・溶剤・砂などを使用しますが、どれも洗浄後には洗浄水などの二次処理が必要となります。その処理を無くすことで環境に配慮した洗浄方法であるといえます。

環境への取り組みの視点から技術を進化させます。そして、「地球環境と人と製品」の調和を持続可能にするために取り組んでいきます。

ドライアイス洗浄についてのお問い合わせ

ドライアイス洗浄機「ドライアイスパワー」に関するご質問やお問い合わせはこちらまで

ドライアイス洗浄についてのお問い合わせ

製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
© Cybernavi Inc. All Rights Reserved.