最新ニュース

危険性評価試験はなぜ必要か?

化学物質には熱・着火・衝撃などにより分解・発熱したり、場合によっては爆発したりするものが数多く存在します。これらの危険性について既に知られている物質であれば、製造・貯蔵・運搬時の取扱では十分に注意し、安全な状態で作業することができます。

しかしながら、研究開発(R&D)時における未知物質の評価をはじめ、その物質の危険性を十分に把握しないで取り扱うと、衝撃や温度変化により思わぬ事故が起こることがあります。


近年、化学物質及びそれを含む製品を購入する顧客に対してMSDS(製品安全データシート)の発行が義務付けられた事により、燃焼性や爆発性など危険性に関する情報を開示することを顧客から求められる場面が増えてきています。

また、いわゆるPL法(製造物責任法)により、燃焼性や爆発性に関する十分な情報が開示されていない製品を取り扱った顧客が事故を起こした場合、製品の製造会社や販売会社が巨額な損害賠償金を請求される事が予想されます。


これら不測の事態を避けるためにも、化学物質及びそれを含む製品の燃焼性や爆発性などの情報を「危険性評価試験」により調べる必要があります。

「危険性評価試験」とは?

化学物質及びそれを含む製品の燃焼性や爆発性に関する危険性を知るためには、現在の所実際に試験を行う以外に方法はありません。
しかしながら、危険性評価の専門知識に欠ける試験者が適切でない方法で試験を行ってしまうと正確な結果が得られず、危険性を過小評価してしまう恐れがあります。

燃焼性や爆発性に関する正確な情報を知るためには、危険性評価の専門知識を有する試験者により、適切な方法で試験を行うことが必要です。

危険性評価試験の業務内容

弊社は、昭和57年日本化学工業協会発行の「不安定物質の災害防止に関する指針」の作成に参画し、昭和58年に民間として初めて危険性物質の総合的な試験委託機関として発足しました。

発足当初は火薬類の性能試験に準じた試験が主でありましたが、その後試験設備を随時拡充、広範囲な試験業務に取り組み、現在では殆どの関連試験を受託できる体制となっています。

また、昭和63年の消防法改正に当たっては危険物確認試験の検討など、弊社が危険物行政の推進に多大な貢献をした試験機関として、平成2年に消防庁長官より感謝状を受けております。

危険性評価試験の流れ

危険性評価試験の流れ

各試験の特徴

スクリーニング試験(熱分析試験等)、標準試験(爆発性・燃焼性・分解性)、実規模試験(火災試験等)の特徴

お問い合わせはこちら

製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
© Cybernavi Inc. All Rights Reserved.