エンジン、サスペンションなどの試験装置

オートマックスではエンジン、サスペンションなどの試験装置を取り扱っております。

試験装置


エンジン

エンジン試験装置
ピストンボア系摩擦摩耗試験装置

本装置は、ピストン・ピストンリング/ボア間における焼付き・摩耗特性およびフリクション特性を実部品を用い、 実機相当摺動環境下評価可能な試験装置です。
ピストン固定/ボア側加振により、他要因を除去したフリクション力測定が可能です。


その他のエンジン試験装置

バルブシート高温摩擦現象解析装置(電気-油圧サーボアクチュエータ使用)





UP

サスペンション

車両重心高・慣性モーメント測定装置
車両重心高・慣性モーメント測定装置

本装置は、完成車を改造しないで、車両の重心高および、Pitch・Roll・Yaw各方向の慣性モーメントを高 スイングの傾き角のセンサを高精度とし0.001度まで測定可能とし、 ベアリングの低フリクション化により精度向上を図っており、再現性が非常に優れています。
なお、本装置による受託試験も実施しております。

車両重心高・慣性モーメント測定については受託試験も可能です。受託試験の詳細はこちら

車両コンプライアンス特性測定装置
大型車両コンプライアンス特性測定装置

車両のコンプライアンス(たわみ)特性を台上で静的に測定する試験装置です。
装置ターンテーブルがタイヤ接地面を左右/前後/回転3軸方向に変位/荷重制御し、ホイールアライメント計測装置により車軸上下/前後/左右/トー/キャンバ/キャスタを計測します。





その他のサスペンション試験装置

サスペンション特性装置
大型車両コンプライアンス特性測定装置


UP

ステアリング

ステアリング試験装置

パワーステアリング試験装置
操舵反力シミュレーションシステム
ステアリングノイズ評価装置
ステアリング加振機


UP

電動捩り試験装置 TXシリーズ 電動捩り試験装置 TXシリーズ

駆動系部品に捩じり負荷を与え耐久性を評価する最もベーシックな疲労試験装置です。
適応制御(STR理論)に基づいたロジックを高速DSPに埋め込み、供試体を選ばない高精度な試験を行う事ができます。

主な仕様
  • ・トルク:100〜50kNm(各種仕様あり)
  • ・周波数:DC〜50Hz
  • ・角速度:100〜500deg/s(各種仕様あり)
  • ・角度:±180deg
  • ・制御:トルク・角度
  • ・運転:正弦波、三角波、スイープ、プログラム

UP

→ EOL検査システムはこちら
→ 受託可能な試験はこちら

■ エンジン、サスペンションなどの試験装置についてのお問い合わせ

オートマックスでは、エンジン、サスペンションなどの各種自動車関連装置の開発・販売を行っております。
これらについてご質問やご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
© Cybernavi Inc. All Rights Reserved.